【ギター初心者】 先ずやること

MUSIC

こんにちは、リカコです。

これからギターを始めたいと思っているけど、こんなことでお悩みではありませんか?

何から始めていいかわからないし、周りに聞ける人がいない。

今日は、ギター歴10年以上の私が、ギター初心者に必要な情報や心構えをお伝えします。

1ヶ月後には憧れの曲が先ずは1曲弾き語りで歌えるようになっていることを目指して一緒にがんまりましょう!

スポンサーリンク

ギターをはじめる心構え(実は難しい)

はじめから心が折れそうなことを言ってしまい申し訳ないですが、実はギターは想像より難しい楽器です。

なんとFender社の調べによるとギターをはじめた人の9割が1年以内に挫折するという驚きの事実が発覚!(これには私も驚愕)
きっと最初は憧れのギターをはじめて、みんなモチベーション高いんだと思います。
でも、なぜ多くの人が挫折してしまうのか・・・

それは、「手軽にはじめやすい」割に「実際には思った程簡単ではない」ということが言えるのではないかと。

憧れと現実のギャップにモチベーションがやられてしまうのね…

でも、誰もが躓く最初の壁を越えればどこまでも楽しくどハマりしてしまうのがギターの魅力でもあるんですよね。(経験談)

フェンダー社の調べによると、辞めなかった残りの1割の人はその後も一生ギターを弾き続けるとも言われています。

さて、それでは「最初の1年の壁を超えるために」どうするのか。

それは、最初のモチベーションを維持することです!!

モチベーションの維持に最適な方法を始めにご紹介しておきます♪

・基礎練は後回し!好きなことからやろう!(楽しいことこそ継続の力です)
・ 強制的にやらねばならない環境を作ろう!(発表する場を作りましょう)
・ギター教室に通おう!(指導者がいれば早いです)
・高いギターを敢えて買おう!(簡単にやめられないようにしましょう)
・ギター仲間を作ろう!(同じ趣味の人がいることで良い刺激になります)

もし挫折しそうだと感じたら以上のようなことを思い出して試してみてください!
ギターを継続する難しさを知った上で、挫折という振るいに落とされなかった1割に入ることができれば、後に楽しいだけではなく自分の自信にも繋がりますよ!

スポンサーリンク

必要な楽器・備品を揃える

さて、先ずは楽器をはじめ必要な備品を揃えていきます。
ギターを買う際の注意点としては安すぎるギターは買うべからず!です。

ここがギターを挫折せずに続けられるかの命運を分ける言っても過言ではないかも…と個人的には思っています!

↓詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

ギター初心者に必要なもの

目標を設定する

次に、ギターを継続していくために先ずあなたがワクワクすることを目標設定していきましょう。

先ずは、シンプルに1曲弾けるようになることをおすすめします。

先ほどモチベーション維持の話をしましたが、私や私の周りでギターを始めた人の経験上「楽しいと思えることこそ続く」ということが言えます。

そこで、質問です!

あなたが「好きなアーティスト」や「これは弾けるようになりたい!」という曲は何ですか?

演奏できるようになった自分をイメージしながら、以下当てはまる課題曲をいくつかピックアップしていきましょう!

・好きなアーティストの曲。
・好きな曲。
・これ弾けるようになったらカッコいい!と思う曲。

弾けるようになりたい!と思う曲の中で、更に難易度が低いものに絞ります!
いきなり難易度の高い曲にチャレンジしてやめてしまう人もいますからね。

・難易度が低い曲。

とは言っても、本当に最初はどれが難易度が低いのか分からないものですよね。
ここで、いくつか初心者におすすめの有名曲をご紹介します♪

初心者おすすめ曲

・チェリー(スピッツ)
・空も飛べるはず(スピッツ)
・マリーゴールド(あいみょん)
・虹(菅田将暉)
・メロディー(玉置浩二) 等

スピッツは比較的シンプルなコードの名曲が多くて個人的にはおすすめです。
曲の選定に困ったら、とりあえずは王道な曲で自分の心が向くもの選びましょう♪

課題曲の準備

課題曲を決めたら、そのコード譜を探します!

昔は、本屋さんでコード譜マガジンや譜面を買うのが主流でしたが、最近ではネットで検索すれば世に出回っている曲のコードは大体調べられます。(便利な世の中になったものですねぇ)

私がよく使っている無料検索サイトはこちら→国内最大級の歌詞コードサイト「楽器me」

楽器meは、keyもボタン一つで簡単に変えられるし画面も見やすいのでかなり鉄板です。ただページをそのままコピペはできないので、印刷する場合はスクショして使いましょう。

練習を開始

楽器meの便利なところは、コードをクリックすれば指板が表示され、どこをどう押さえたら良いのか分かるところです。

課題曲の中で出てくるコードを一つ一つ調べながら、コードの押さえ方を覚えましょう。

覚えてきたら曲の流れの中で次に出てくるコードにコードチェンジできるように感覚を狭めていきます。

左手で押さえ、右手で先ずはダウンストロークだけでOKなのでスムーズにコードチェンジができるまで続けます。

最初は詰まりながらでもいいので、ゆーーーっくり歌いながらやるのがおすすめ。

詰まらないように滑らかに歌えるようになるまで繰り返します。

最初は地味で地道な作業ですが、何回もやっていると手も言うことを訊いてくれるようになりますよ。

繰り返しやるのみ!

あとは、もうぶっちゃけ何回ギターを触ったか繰り返し練習したかで結果が分かれます。

右手のストロークは後からでもどうにでもなるので、先ずは課題曲に出てくるコード(左手)から数個覚えましょう。

3〜4個覚えて押さえられるようになったら、結構いろんな曲で代用できるようになり世界が広がり楽しくなります♪

もちろん音楽的理論や基礎練も大事ですが、最初はやりたいものに対して調べながら実践の中からトライするのが一番楽しく達成感も感じられ続けられるなと自分の経験から思います。

汗かきながら1曲詰まらずに歌いながら弾けるようになった時は、ギター人生の中でも忘れられないくらい半端ない達成感があります!

先ずは1曲!あと少し…もう少し…!と、是非チャレンジしてみてください。

余談ですが・・

ちなみに余談ですが、フェンダー社調べによると挫折せず残った1割は後に平均して7本のギターを所有するらしい。私は、過去数えて3本の相棒です♪
ギターを弾き続ければ自分の「やりたい」や「これが良い」「この音色がいい」という意志がより明確になり自然とモチベーションも自分で保てるようになります。

ギターは奥が深く、本当に楽しいですよ。
是非、一緒に素敵なミュージックライフにしましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました